FC2ブログ

いつものよっち/たまにペテン ~ときどき福祉~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

親友

年末なのに26日は有給もらって、私の2大親友と遊んできました!
仮ににT子ちゃんとY子ちゃんとさせていただきます。

T子ちゃんとは高校時代に知り合いました。その後ずっと仲良しで、
社会人3年目くらいの頃彼女とルームシェアをしました。私が実家をでるきっかけ
となった出来事です。
私の家もT子ちゃんの家もかなり都会にあったため、家を出るきっかけがな
かったけど、親はそこそこきびしかったので、一人暮らししてみたいなーって
いう思いは共通していました。ある日ファミレスでそんな話で盛り上がって、
一緒に部屋借りようか?って言う話になったんだけど、うちの親いわく、
「T子ちゃんのお母さんが、OKださないわよ」って・・・。まー私と暮らすって、
家事の負担とか彼女の方にいっちゃうだろうってなんとなく想像できるもんね。
でも、でも・・・ね。T子ちゃんのお母さんが「女の子が1人で住むより、
2人で住む方が安心でいいじゃない♪」ってあっさり言ってのけたんだよね。
そこから事はトントン拍子に進み、家を探してルームシェアはじまりました。
3年間順調に進んで、Tこちゃんの結婚を機に解散。そこから
私はひとり暮らしへ・・・。
 だから、私にとってT子ちゃんは家族同然の仲なんです。
今私は34歳なのでもちろんT子ちゃんも同い年。
子供大好きな彼女のもとに、大切な娘っ子が生まれてくれて、
本当に本当によかったとおもう。


そしてY子ちゃん。。私が高校を卒業する頃、ネットを通じて知り合いました。
彼女には重い障がいがあるんだけど、最初はそんなこと全然知らないで友達に
なりました。今は結婚し立派にお母ちゃんやってます。
「よっちも子供産みなよ」ってあっさり言ってきます(笑)
私の中でその覚悟は未だ出来てないけど、っていうか、
もしかしたらもう手遅れになるかもしれないけど、もし、結婚できなくて、
子供もいない人生だったとしても、そういう人生じゃなかったからこそ
できたこと みたいなことを、いっぱい経験していきたいなーって
思ったりしてます。

これって強がりなんだろうか・・・?(笑)
スポンサーサイト
  1. 2013/12/27(金) 23:09:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

鍋パーティー

 3連休初日に、鍋パーティーにいきました。
少し早めに出て、ケーキ買って、なお時間が余ってたから、マックに行ったの。
マックの店員の高校生か大学生か?のお姉ちゃんに、買った商品を席に
届けてもらったついでに、ストローさしてもらったり、お手拭き開けて
もらったり、いろいろお願いしちゃうんだけど、こっちもさ、ちょーー
笑顔でお礼いったら、そのあとその子、紙ナプキンも届けてくれて、
ポテトの向きも「反対側向いててごめんなさい」って直してくれて、
なんかすごい嬉しかったなーー。ポテトの向き変えるくらい、正直自分で
できちゃうんだけどさ、でも、そのマニュアル以上の優しさをいた
だいちゃったとき、大げさに言うと幸せだって思っちゃう。

で、鍋パーティー。全盲の旦那様と健常の奥様の夫婦のお宅にお邪魔して
豆乳鍋をいただきました。全盲の旦那様、ちょー料理が上手!そして、
片付けも早い!奥さんももちろん、細かく気配りできる方なんだけど、
基本的にはのんびりで、とてもいい感じで役割分担されてて羨ましい
夫婦でした。ステキ!

目の障がいの方と知り合う機会って、実はあまりなかったんです。
学校も私はそもそも養護学校ではなかったし、職場にもいなかった
んだけど、人の紹介で、弱視の女性と知り合ってから輪が広がりました。
だから、まだ関係は薄いんだけど、今後に期待です!

あと、昨日から、姉と姪っ子がうちに泊まりに来てたんだけど、
その話も書きたかったけど、疲れちゃった(笑)

またそのうち書きまーす。
  1. 2013/12/24(火) 00:15:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブログスタート

はじめまして、、、
ブログを書くなんて、すごく久しぶりですが、、

まずは自己紹介かしら?

私は、「よっち」と申します。
今は都内で一人暮らしをしてます。30代半ばのIT系会社で働くOLでーす。

ちなみに「よっち」というあだ名は、小学校の時につけらたもので、
その当時から、高校生くらいまでに知り合った人達は、先輩後輩かか
わらず私のことを「よっち」と呼びます。 
 このブログのタイトルに登場しているペテンとは、私が高校生の時に
参加した「手足が不自由な子供のキャンプ」というイベントで出会いました。

その当時は、私が、手足の不自由な子供として参加し、
彼はボランティアとして参加しているという関係でした。そのキャンプは
5泊6日山中湖そばで生活します。ボートに乗ったり、飯ごう炊飯したり、
歌うたったり、プールで泳いだり、キャンプファイヤーしたり…。
ネイチャーな体験をいっぱいしました。
当たり前の話だけど、、自然があふれたところは、それだけバリアフリーには
なっていなくて、行くことがそもそも大変なんだけど、山中湖のキャンプは
人の力もたくさんあったし、適度にバリアフリー化もされていて、本当に
楽しかった。すごく貴重な経験だったなって今でも思います。

そこで知り合ったペテンとほか何人かのメンバーとは、
キャンプのあとも旅行に行ったりお互いの家に遊びに行ったり、
とてもいい関係が続いていて、ある日、お互いの将来とか福祉関する考えを
語り合うためのホームページを立ち上げました。
それが「ペテンとよっちのゆめ物語」というももでした。

それから10年間、私は大学に進学したり、就職したり、実家を出たり、
いろいろな経験をして、ペテンもきっといろんな仕事をして、結婚して
子供が生まれて…とお互い別々な経験をしてきて、最近、かなり久しぶりに
連絡を取り合い、飲みに行きました。

ペテンはブログをもっと前からやっていて、「よっちもやってみろよ~」
って言われてこの流れで……開設?(笑)

実は、自分の障がいをオープンにしてブログを書くということを、
今まであまり想像したことがありませんでした。障がい者に対しての
イメージって、世の中的にはネガティブだと思ってて、でも私は「普通」に
生きたいって思って生活してたから、あえて自分の障がいをおもてにだして
話すのは、なんか意に反してる気がしてました。
でも、新しいことはじめてみようかしら?って感覚で、いろいろ
書いてみようかな…と思います!
  1. 2013/12/22(日) 14:16:43|
  2. 福祉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。