いつものよっち/たまにペテン ~ときどき福祉~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

友達からのメール



前の会社で一緒に働いていた同僚から、久しぶりに
メールをもらいました。彼女は数年前にボリビアの方と
結婚されて、海外の生活をしてるんだけど、この春、少し
長めに帰国するということで、連絡をくれたんだけど、
それとは別に下記の内容もあって、私としては、ちょっと
考えさせられる衝撃的なオファーだったので、メールを
一部転載しちゃいます。一部って言っても結構長いけど…

---友達からのメール---
※Aさん=彼女との共通の友達、 よっしー=私(よっち)

それと、Aさんには、このあいだ、辛い話を持ちかけて
しまったかもしれないけど、一応よっしーにも聞いてみ
たいんだけども。。。
本当に障害を持っている人の気持ちは、私にはわかりえ
ない辛い体験や思いがあると思うんだけれども、その思いを、
中学生や小学生の前で話をする・出来る人がいたら協力して
もらえたらなーって思ってることがあるの。
私が流産と出産を経験して、命の尊さ・生命誕生の奇跡を
実感したから、『命の大切さ』について講演したいんだ。
自分の経験と、障害を持ってる人の気持ち・経験を知ることで、
いじめや偏見などが少しでもなくなったらいいなって
言う思いからね。

Aさんは、人前で話すのは、辛いから・・・って事だった。
もう一人の同級生くらいのリウマチの人は、旦那様とも
そういうデリケートな話をしないくらいの人だった。
やっぱり、こういう質問とか、デリカシーがないよねって
思うところもあるけれど、思春期の心が不安定だけど
柔軟性がある子供達に考えてもらいたいなって思いも
強くてね。よっしーは、人前で話すのは、難しいかな?
まだ、講演が出来るかも決まってないんだけどね。
中学校時代の先生が教頭やってるから、相談してるとこなの。
4月に新学期を向かえ、一年のスケジュールを立てる
から、提案してみるねって言ってくれてるんだ。
その先生の学校と、わたしの母校と、甥っ子の小学校と
中学校で検討してるとこ。
リウマチとか、初期症状が見た目では一瞬わからない
難病を持っている人。
見てわかる身体に障害を持っている人。
私の友達は、今、1リットルの涙って言うドラマの実話を
もとに作られた病気と闘っているの。手足や言葉の
自由を徐々に奪われながら最後には体の運動機能を全て
喪失してしまう難病脊髄小脳変性症。その友達には、
とても声をかけれないけども、話だけでも帰国したら
してみようかなって思うが、体調見て~西八日と思ってるの。
いいよって言われてもビデオ撮影かもしれない。
もう車椅子だし、ずっと座っていられないし(姿勢を保持
できないの)、目もあけていられないの。

私の自己満足かもしれないけど。いつか本も書いて
みたいな、とか思ってたりもするんだ。
なくならない自殺・いじめ・偏見・虐待。
命をもっともっと大切にして欲しい。自分が死にそうに
なって、本当に心からそう思ったんだ。

昨年37歳になったとき、出産と生死をさ迷ったオペ後
だったんだけども、37歳前に、自分を産んでくれた
母親に心から感謝したんだ。
自分の誕生日がこんなに嬉しいことってないんだなーって。
------


彼女とすごく仲いいの?と聞かれると、実は、そんなに
深い仲ではなくて、でもこれだけ熱い思いを語って
くれたってことは、本気でいろいろ考えて動いて
いるんだなって衝撃を受けた。
 
 私は、自分が真っ当に生きていくことで精一杯で、
自分の経験をあえて周りに語るとかしてこなかった。
そんな語れるほどのこともしてないし、表に立って
話すのが別に好きでもなかったし。。
そういうことして自分が傷つけられるのも、ちょっと
イヤだったのかも。

 でもさ、彼女が言うように、まだ世の中のことが
よくわかっていない思春期の子供たちに、そういう話
をすることや、そういう機会を作ることは、ある意味、
私たち大人の責任だったり、私の役割だったりするの
かな…って考えたりした。

これは前向きに検討すべきかしらね…





スポンサーサイト
  1. 2014/03/06(木) 23:24:26|
  2. 友達
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

ふむふむ…

こんにちは(´∀`)ノ

なかなか難しいお話ですねぇ~♪

やるやらないは自由だから…
素直な自分の心に従うのが一番かしらねぇーヽ(*´∀`)ノ

なんだか小難しい話だと…
『人は何か意味を持って生まれてくる』とか…
『死とは、歴史が自分を必要としなくなった時だ』とか…

うーん、私の価値基準だと…
生きてるのは楽しいか楽しくないかだからなぁ…(笑)

よっちさんの輝ける女子力の話でもしてきたらぁー(´∀`)b
  1. 2014/03/08(土) 13:38:14 |
  2. URL |
  3. Soive #1vU.xIsY
  4. [ 編集 ]

こんにちは。

目に見える、障がいの方は 他人から好奇の目でみられたりで、傷つかれたりすることがあると思います。
反面、力を貸してくれたりする方もいたりする時には、人の優しさを 沢山感じる事もおありだと思います。

目に見えない、内臓や脳、心の病の方は 外見からは 解って貰えず、性格や怠け病に思われていたりすることもあります。

子供のうちから、両者の様な人達が世の中には 沢山いる事を知って貰いたいですね。

広く言えば、病気以外の人間関係においても、優しさ、思いやりが必要で、イジメの問題にも同じ事が言えるのではと、思います。

よっちごさんがしようか、しないかは、ご自分の心の正直な部分に 聞いてみて決める事だと思いますヨ~。
  1. 2014/03/08(土) 14:10:14 |
  2. URL |
  3. おこちゃんちゃん #-
  4. [ 編集 ]

Soive さんへ

こんばんわー
そうですよね。自分の心に正直に…って
考えたら、やらないほうが楽かなって思っちゃったり
するんだけど、やるかやらないか迷ってる時は
だいたいやっちゃうんですよねー 私(笑)
 
女子力の話しちゃおっかなーって思ったけど、
じゃーーなんで結婚してないんですか??って
子供からストレートな質問きそうだね(笑)
  1. 2014/03/08(土) 23:16:43 |
  2. URL |
  3. よっち #-
  4. [ 編集 ]

おこちゃんちゃん さんへ

 こんばんわ。コメントありがとうございます。
ほんとにそうですね。優しやや思いやりで、かなりのことが
解決できるというか、嫌な思いをする人は絶対減るはず
なのに、ついつい自分のことばっかり考えて行動しちゃい
ますよね。
いい機会なので、早急に結論は出さずに、いろんな人の話も
聞いてみようと思います
  1. 2014/03/08(土) 23:32:19 |
  2. URL |
  3. よっち #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ypstory.blog.fc2.com/tb.php/20-57757a7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。